brotherのプリンターのインクの特徴

プリンターは今やビジネスシーンだけではなくオフの時間にあっても無くてはならないものになってきています。特にお正月の年賀状印刷には毎年お世話になっている人も多い事でしょう。プリンターを買い替える際、どんなメーカーを選べばいいのか迷うこともままあります。プリンターは必ず後々カートリッジを買い足さなくてはならなくなるのでコストパフォーマンスも気になります。brotherのプリンターのインクには他のメーカーには無い特徴があり、非常にコストパフォーマンスが高いのが魅力です。久しぶりにプリンターを動かそうとしたら目詰まりして印刷できなくて困ったという経験をしたことがある方も少なくない事でしょうが、brotherのプリンターならそんなトラブルをグッと少なくすることが出来るでしょう。

プリンターに使われるインクの種類とは

一般的にプリンターは4色の組み合わせで多数の色を表現しています。CYMKと言われるもので、シアン、イエロー、マゼンダ、黒がそれぞれ対応しています。多くのプリンターメーカーでは顔料というものを使って色を作っています。顔料は粘度が高く、ドロッとしていて紙の上に乗っても沁み込むことはありません。乾燥すればきちんと定着しクッキリとした印刷が可能になります。このため写真などの高画質印刷も綺麗にプリント出来るのです。一方brotherのプリンターでは黒以外の色を染料で作っています。染料はサラサラとした液体で紙に沁み込みます。この性質のため、写真などの印刷を行うと少し滲んだような出来上がりになります。しかし写真を印刷する機会よりも書類などを印刷することが多いのであれば画質にはさほどこだわる必要が無い場合も多く、染料は価格が安い事からコストパフォーマンスが良くなるのです。

brotherのプリンターの魅力とは

ビジネスシーンにおいて書類の印刷がキレイだと言う理由でビジネスチャンスに変化があると言ったことはめったにありません。従ってコストパフォーマンスが高いプリンターを導入することはビジネスにとっては有効です。また染料のインクでは目詰まりを起こす事が殆どないというメリットもあります。目詰まりで必要な時にタイムリーに印刷出来ないのはビジネスシーンでは致命的です。新型プリンターでは変わってきていますがICチップが付いていないインクが多く出回っているのも魅力です。ICチップが付いているカートリッジは、まだ残量が残っているのに使用できないことにする制御を行っている場合も多く、不経済です。写真などの高画質印刷ならネットプリントに任せると割り切り、ビジネス中心に使うのであればコストパフォーマンスが優れたプリンターを使った方がお得と言えるでしょう。