brotherのインクカートリッジを安く購入するには

プリンターは年賀状、デジタルカメラで撮った写真の印刷、仕事で使用する書類の作成、学校のレポート作成など家庭内でも大活躍です。最近のものは、無線LANで接続できるので、家の開いたスペースに設置することができて置く場所に困りません。パソコンのデスクに座ったまま印刷が行えます。おまけに、スマートフォンから写真のプリントアウトもできます。この家庭内でも頻繁に使われるようになった、プリンターのメーカーにbrotherがあります。brotherのプリンターは、自動原稿送りで20枚が一度にセット可能で読み込み時間が短縮でき、100枚の用紙を給紙トレイにできたりなど多機能性を持つ優れた製品です。タッチパネルや背面にある給紙トレイも使い勝手が良く便利です。便利なプリンターではありますが、気になるのはインクの交換費用です。しかし、近頃は交換費用をおさえることが可能になっています。

互換性製品は交換費用をおさえることができます

brotherの純正インクはメーカーということの安心感があり、発色も良くキレイに印刷することができます。ですが、価格が高いのが困ったところです。交換しようとすれば結構な出費になります。数回交換すると新品のプリンターが買えてしまうほどです。しかし、現在メーカー以外からもプリンターのインクが発売されており、こちらの製品を購入すれば交換費用を安くおさえることができます。各社違いはありますが、メーカーの純正品に比べると10分の1から半額ほどは安くなります。では、この互換性製品はどこで購入できるのかというと家電量販店や通販サイトで販売しています。自宅近くに家電量販店がある場合は、そちらで購入すればいいでしょう。自分で買い物に行くので送料もかかりません。自宅近くに店舗がない場合や普段忙しく店舗まで出かけることができない方は、通販サイトがおすすめです。

互換性製品を購入するときの注意点

互換性インクは、確かにコストをおさえることができます。ですが、購入するときは注意しておかなければいけないこともあります。まず、自分の使っている機種の型番を調べて、購入しようと考えている互換性製品が対応しているか確認してください。メーカー純正のものと違って、対応している機種の幅が少ないこともあるので注意が必要です。また、プリンターが故障したときの対処法をきちんと確認してから使用するようにしてください。プリンターにメーカー純正品を使っている場合は、保証期間中は故障があったときでも無償や低料金で修理をしてもらえます。しかし、メーカー純正品以外を使用するとメーカー保証が受けられなく可能性があります。メーカー保証期間を過ぎているのなら、断然互換性製品がおトクです。互換性製品を購入するときは、製品の保証期間と対応機種をよく確認しましょう。